fc2ブログ

野沢さんと隈さんの・・・。

嫁さんの実家は、茨城県ということで、普段、見ることの無い有名建築家の作品を
見に行ってきました。
今回は、栃木県那須周辺です。
以前より、雑誌等で拝見して一度は見てみたかった
隈 研吾さんの「石の美術館」「馬頭広重美術館
そして、昨年のみえ木造塾で講師でお見えになった
野沢 正光さんの「いわむらかずお絵本の丘美術館
車で、1時間半くらいのところに点在していて、結構、楽に見れました。
たどったコース順に・・・。
hirosige3.jpg
hirosige2.jpg
hirosige1.jpg
垂木を意匠的に見せて、杉の色の経年変化を割り切って見せる・・。
杉は、経年変化でグレーっぽくなってきますが、その変わり目が、ちょっと汚らしく見えてしまうので、
塗装してしまうのですが、この割り切り方、格好良いですね。
内部も地元産の和紙を貼ったり、芦野石(栃木産)の床など、
隈さんの思想が垣間見えて、良かったです。
iwamurakazuo.jpg
iwamurakazuo2.jpg
続いては、野沢さんの美術館。
内部は撮影禁止(残念)で写真無しですが、パッシブデザインのOMソーラーを使った全館暖房も心地よく
空間全体を暖めるOMソーラーと木質の相性の良さを感じました。
そして、敷地条件を上手に取り込んだ景色と空間の伸びやかさは、とても良かったです。
絵本は、いわむらかずおさんのかえる君シリーズ(^^)
きぐみの家用に購入。見に来てくださいね。
stone2.jpg
stone1.jpg
stone3.jpg
今回、最も見たかったのが、この「石の美術館」
普段、木造住宅中心に設計しているので、建材としての「石」の使い方を見てみたかったのです。
もともとあった、石造りの元農協?の建物を上手く取り入れ、取り込みつつ、
地元特産の芦野石、白河石を使っています。
こぶだしや磨き、など、加工の形状の違いで見られる表情の違いが
楽しいです。
木と違ったテクスチャーは、住まいにも多彩なイメージを与えてくれるので
上手く取り入れて行きたいですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)