スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きぐみの家から

今日で2月も終わりですね。
3月は年度末ということで、何かとあわただしいですが、
「きぐみの家」も頑張って進めて行きたいと思います。
model44.jpgmodel46.jpg
model45.jpg
左上の写真はMokStandard棟の内装です。
天井(杉板貼り)も完成して後は、床を張れば完成。
右上はガルバリウム鋼板(いぶし銀色)瓦棒葺きの屋根。
下の写真は、足場の上から、ガルバリウムの屋根といぶし瓦の屋根を対比させて撮ってみました。
外部廻りが落ち着いてきたので、工事は内部中心になっていきます。

※随時、「きぐみの家」の見学を受け付けています。
ご興味のある方は、当社までご連絡ください。
TEL:0735-52-4715MAIL:info@sh-koum.com
スポンサーサイト

きぐみの家から

モデルハウス「きぐみの家」も順調に工事が進んでいます。
model40.jpg
天井の気密シートを貼ったところです。
model41.jpg
浴室の基礎部分の断熱材。
浴室は熱損失が大きいので、お湯が冷めにくいように断熱材を施工します。
model42.jpg
軒天の杉板張り
model43.jpg
外壁の杉板張り。
外部の板は雨に強い、杉の赤味の板を使います。
素晴らしい色が出ているので、色を付けてしまうのがもったいない!
ということで、今回は、OSMOの新製品。ウッドステインクリアープラスを使用。
今までのクリアー塗装は、UVカットが不十分で、色味を付けないと
灰色に変色してきましたが、その課題を克服した!というふれこみなので、
モデルハウスで試してみます。
自然な木材の色を活かせるので仕上がりが楽しみです。

南の国の雪祭り

昨日は、那智勝浦町役場前で「第15回南の国の雪祭り」が開催されました(^^)
南紀くろしお商工会の主催で、私たち、青年部も会場設営から、イベントの運営まで
お手伝いをさせていただきました。
2010yukimaturi2.jpg2010yukimaturi3.jpg
2010yukimaturi4.jpg2010yukimaturi5.jpg
毎年の事ながら、子供たちの楽しそうな笑顔を見ると疲れも忘れてしまいそうです。
青年部の主催した「南の国の早押しバトル」も大盛況で、
昨年の倍ぐらいの子供たちが参加してくれました。
企画、準備、片付けも大変ですが、子供たちが喜んでくれるので
やりがいも十分です!
来年も皆さんの来場をお待ちしています。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

きぐみの家から

「きぐみの家」現場も順調に工事中です。
最近は、加工会社があって、敷居や鴨居なども加工されたもので用意する工務店も多いようですが
当社では、一本一本、木の癖を見ながら、枠材なども作業場で加工しています。
model39.jpg
この写真の木はクスです。
削るとえもいわれぬ香りがします。
洗面所の天板に使用します。大工さんが鉋で丁寧に削ってくれました♪

model38.jpg
玄関の框に使う桜の木を加工しています(削っているのは社長)(^^)
当社には、直角を出せるプレナーがありますので、
いろいろな木を自社で加工して使うことができます。
様々な木を適材適所に組み合わせていけるのも、
自社で加工ができる強みですね。

製材所へ・・・。

土曜日に「田鶴原の家」の家の木材を見に行ってきました。
お施主さん家族もご一緒です。
当社では、建てるだけでなく、その前の段階でもいろいろとお施主さんに経験していただけたらと考えています。
一生に一度になるかもしれない大仕事ですから、
楽しんでいただけたら・・・。と思います。
taduhara5.jpg
taduhara4.jpg
上の写真は、土台の写真です。
檜の135角になります。
下の写真は、梁材、120又は135巾で木のせいは120~360までです。
全て、熊野川流域または、龍神など紀州の山から出てきた木です。
色目もおとなしくて、落ち着いた雰囲気になりそうです。
現状は粗引きの状態ですが、当社の工場に来る前にもう一度、挽き直してそりなどを調整します。
乾燥機は使わず、出来るだけ天然乾燥にこだわっています。
木によって乾燥具合のバラつきは出てしまいますが、木を痛めることなく
色目も自然な状態で建てることができます。
乾燥技術も進歩してきましたが、
たくさんの灯油を焚いて、木を乾燥させることが良いことなのか・・。
という思いもあり、天然乾燥にこだわって行きたいと思っています。
この立派な木材を、組み上げていくのが、大工の腕の見せ所です。

田鶴原の家新築工事が始まります(^^)

本日はあいにくの雨模様でしたが、
新宮市内で地鎮祭を執り行わさせていただきました。
地名を取って「田鶴原の家」ということで、これからもご紹介させていただきます。
taduhara2.jpg
こちらの神主さんは神倉さんの入口にある出雲大社さんです。
非常に丁寧にしていただいて、玉串を奉納させていただくときに
笛を吹いていただきました。
笛の音を聴くと身の引き締まる思いがします。
○○様、本日はおめでとうございました。

taduhara3.jpg
↑の写真は、田鶴原の家の模型です。
おそらく、紀南地方初の長期優良住宅の先導モデル事業だと思います。
紀州材をふんだんに使った構造の美しい「住まい」になります。
住まい手の方と一緒に楽しみながら、工事を進めて行きたいと思います。

南の国の雪祭りなど

2010yukimaturi.jpg
私の所属する「南紀くろしお商工会」のメインイベント
「南の国の雪祭り」が間近に迫ってきました(^^)
今年は、雪をいただいている「白馬村」も大雪なので、
雪質は最高!ということなので、ご期待ください。
私たち青年部も恒例?となりつつある「南の国の早押しバトル」を開催します!
小学生対象の早押しクイズ&○×クイズです。
優勝商品には「任天堂・DSi-LL
準優勝でも「デジカメ」を用意しました!
地元の青年部らしく、那智勝浦、太地の地元ならではの問題も用意して、
小学生の皆さんの挑戦を待っています!
奮ってご参加ください。
2/21のPM2:00頃から、那智勝浦町役場前で開催です!
雪祭りは朝から、役場周辺で行っていますので皆さんの来場をお待ちしています(^^)
詳しくは「南紀くろしお商工会」0735-52-1089までお問い合わせください。
南紀くろしお商工会

閑話休題。
ブログからのLINKを調整しました(^^)
新しく友人の設計事務所(大阪)の久和原建築事務所
      大学、陸上部の同級生のブログをLINKしました。
ぜひ、ご覧ください。ブログ

きぐみの家から

「きぐみの家」も順調に工事が進んでいます。
今日の写真は、屋根に入れる断熱材と
外壁の下地の写真です。
長期優良住宅仕様なので断熱材は、基準でいうとFランクの
ネオマフォームで、約100ミリの厚さ!
那智勝浦町はⅤ地域なのでこの厚さで済みますが、寒いところはもっと厚くなります。
それでも、この地域としては、相当の高性能。
オープンしてから、温熱環境もチッェクしていけたらと思います。
外壁の下地写真は、通気胴縁を打ったところです。
胴縁も紀州の檜を使っています(^^)
model36.jpg
model37.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。