スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫茶・なわのカツ丼

今日は私の大好きなカツ丼を紹介。
那智勝浦町湯川の湯川駅近くの国道42号線沿いにある
喫茶・なわのカツ丼です。
ちょっと、甘めのだしと味の付いた衣が美味しいです。
しかも、ボリューム満点。
写真は中盛で¥700円。普通は¥600円。
中盛で普通の大盛りです!!
nawa2.jpg
nawa1.jpg
夜中にUPしているのでおなかが減ってきました・・・・。
他の料理も美味しいですよ。
ぜひ、食べてみてください。
スポンサーサイト

新しい住まいの設計に

昨年末に当社の物件を掲載したいということで雑誌社さんの取材を受けました。
扶桑社さんの「新しい住まいの設計」5月号に掲載予定です。
先日、その記事のゲラ版を送っていただき、実感がわいてきました。
「地域で評判の工務店を探せ!」という企画で紹介されます。
3/21発売です!
当社の物件で「ガルバの家」が掲載されます。
発売したら、ぜひ、書店で手にとって見ていただけたら。と思います。
garuba2.jpg
garuba1.jpg

今日の現場

今日は古座川の現場から・・・。
左官工事は珪藻土の下塗りが終わって、上塗が始まっています。
わざとコテむらを残しながら、風合いが良くなる様に塗っていきます。
もう一枚は土間の洗い出し仕上げ。
kozagawa9.jpg
kozagawa8.jpg

珪藻土が入荷。

今日は阿須賀の現場に内部の左官材料が入りました。
エコクィーンという材料で、珪藻土の塗り壁です。
当社では、設計事務所さんの指定などが無ければこれをお勧めしています。
珪藻土はそれこそ、星の数ほど種類がありますが、
この「エコクィーン」は調べた限りでは、つなぎの接着剤がもっとも少ないのです。
折角、調湿性のある珪藻土を樹脂の接着剤で固めてしまっては元も子もありません。
他の珪藻土より、塗り方に気を使いますが性能重視です。
asuka21.jpg
良い珪藻土を使うと調湿性もUPするので結露や臭いも軽減されます。
珪藻土だから安心というわけではないので注意したいですね。

それから、ヤマトタテルの会でいつもお世話になっている空間工房さんのブログをLINKしました!
珪藻土やさんで電磁波対策にも詳しい森本さんのブログです。
ぜひ、ごらんください。

坪単価って?

今日は坪単価についての私たちの考え方を。

良く聞く坪単価という言葉ですが、定義があいまいなので当社の考え方にはあいません。

巷で良く聞くのは坪40万円と聞いていたのに、工事が進むと浄化槽が入っていない。
照明器具が入っていない・・・等々で結局、思ったよりも安くなかったということです。

浄化槽も照明も無い家では住めないですよね。

当社では、見積を提示するときには、打合せをしたうえで予算オーバーになりそうなものもいれてしまいます。
なぜかというと、家全体を考えたときにコストをかけるところ、かけないところをはっきりさせるためです。
最初に多くの要望をお伺いしたものをいれておかないと、後からこれも伝えておけば良かった・・。
ということで、後悔することになります。
「住まい」にかけられる予算をお施主さんと一緒にちゃんと把握することが大切です。
そうすることで、お施主さん自身が、材料にこだわるのか、設備にこだわるのか?
それとも、プランニングなのか?など、大事なことに気づくことが出来ます。

そして、「住まい」は育てていくものでもあります。
生活に支障の出るような、無理な予算組みをしては、元も子もありません。

いろんな意味でコストをコントロールして、アドバイスをすることも私たちの仕事です。

大事なことは坪単価ではなく、生活も含めたトータルのバランスなのです。

orosi2.jpg
orpsi1.jpg
orosi3.jpg

※写真は「尾呂志の家」です。

紀州材需要創出事業の検査

今日は神倉の家、紀州材需要創出事業の現場検査でした。
振興局の林務課さんがこられて、含水率の検査をしていただきました。
kamikura14.jpg
kamikura15.jpg
結果は・・・・。
もちろん、合格でした。
近年は申し込みが多くて当選確率5割程度ですが・・・。
紀州材の普及のためにもぜひ、継続して予算化されてほしいですね。

今日の現場

今日は古座川の現場へ・・。
いよいよ足場も取れて、大工工事もほぼ終わりました。
これから、土間の洗出しや設備・家具工事に移っていきます。
完成までもうすこしです。
kozagawa6.jpg
kozagawa7.jpg
kozagawa5.jpg

昨日は南の国の雪祭り

昨日は朝5時起きで「第14回南の国の雪祭り」の設営、イベントなどを行いました。
今日は、写真中心で・・・。
2009yukimaturi7.jpg
2009yukimaturi5.jpg
2009yukimaturi6.jpg
2009yukimaturi4.jpg
2009yukimaturi3.jpg
今年も皆さんのご協力のおかげで無事に終了しました。
私の担当のクイズ「南の国の早押しバトル!」もたくさん子供たちが参加してくれて
盛り上がりました!
毎年、大変なんですが、子供たちの笑顔にもたくさん出会える良いイベントだと思います。
来年もみなさん、ぜひ、お越しください。

明日は南の国の雪祭り

明日は、いよいよ南紀くろしお商工会のメインイベント
「南の国の雪祭り」が開催されます。
私の所属している青年部でも、朝から設営のお手伝いとイベント準備で大忙しでした。
明日は、JR紀伊勝浦駅から那智勝浦町役場前駐車場一帯で色々なイベントがあります。
昨年はなんと3万人以上が来たというビッグイベントです。
2009yukimaturi2.jpg
この雪は長野県の白馬からトラック8車分持ってきました!
午後からは南国では珍しい雪と戯れようとたくさんの家族連れでにぎわいました。
明日は8:30~の朝市から始まり、まんぷく市、お楽しみ抽選会、マグロ一刀造りなどがあります。
私たちは、13:45~の「南の国の早押しバトル!」を主催します!
小学生対象で、優勝賞品は「任天堂DSi+ドラゴンクエストⅨ」
          準優勝はWiiのソフトで「太鼓の達人」を用意しています。
参加は無料なので13:40頃までに那智勝浦町役場前の会場までぜひ、お越しください。
ちなみに、私も司会で参加・・・・。
みんなで祭りを盛り上げたいと思います!

今日の現場

今日は阿須賀の現場から。
階段廻りが出来上がりました!
この家は細長いプランなので、家の真ん中に採光の工夫が必要でした。
ということで、ちょっと一工夫。
asuka18.jpg
asuka19.jpg
上の写真は階段を正面から見たところです。
奥の照明が明るいところはトイレになっています。
トイレに少しでも光を取り入れる工夫です。
下の写真は階段を横から見上げたところです。
スノコのようなものが見えますが、洗面所に光を取り入れるようにしています。
細長かったり、斜面があったりなど、ちょっと変わった個性的な敷地の方が設計しがいがあって楽しいですし、オンリーワンの「住まい」が出来ます。

梅の花

昨日は、古座川の家の材料を調達にみなべ町まで行ってきました。
田辺から、高速道路を通らずに峠を越えていくと
見事な南部梅林が広がっています。
あまり、時間もなかったのでチラッとしか写真も取れなかったのですが
ume.jpg
六分咲きくらいでしょうか?
ちょっと記事を見ると今年は例年より1週間ほど、開花が早いようです。
もうそこまで、春が来ている感じですね。

大工さんの家具

新カテゴリーで「大工さんの家具」を作りました。
無垢の木を使った家具を購入したいが、ちょっと高くて・・・。
という方は多いと思います。
当社では、端材なども利用してリーズナブルに家具も提供しています。
既製品よりも素朴で力強く、木の家に良く合います。
kagu3.jpg
からまつで作りました。
kagu2.jpg
上の椅子と並べて使います。
天板は屋久杉です!
お施主さんと一緒に板を見に行って、選んできました。
当社の家具は、安心の蜜蝋ワックスで塗装しています。
お手入れもやりやすいですし、木のつやが素晴らしくなります。

今日の現場

今日は古座川の現場にやってきました。
大工工事も終わりに近づいて左官屋さんの内装工事が始まっています。
kozagawa4.jpg
プラスターボードの上に珪藻土の下塗り材を塗っています。
kozagawa2.jpg
屋根の上にデッキを作っています。
ここからの古座川の眺めは良い感じです。
kozagawa3.jpg
現場のお隣で梅の花が咲いてきました。
少しづつ、暖かくなって春が近づいてきますね。

今日の現場

今日も現場から。
kamikura13.jpg
神倉の現場は構造用の金物を取り付けています。
柱の足もとは込み栓で止めています。
asuka14.jpg
阿須賀の現場は階段施工中。
一部スリット階段です。
地松のきれいな踏み板なので完成が楽しみです。

今日の現場

今日は神倉の現場の様子を。
今日は、施主さんにも来ていただいて、棟上後、初めての現場打合せも行いました。
図面で書かれていることも実際に現場で感じてもらわないとわからないことも多いのです。
外壁のサイディングの見本と窓、照明など配線の確認も行いました。
実際に現場で打合せすることが大切だと思っています。
kamikura11.jpg
この写真は1階床パネルの下にスタイロフォームという断熱材を入れているところ。
kamikura12.jpg
2階ロフトの床からの写真。

今日の打合せで窓の位置等、微調整をしました。
これから、構造金物の取付をして中間検査という工程になります。

太地のホテル・ドルフィンリゾート

今日は太地のホテル・ドルフィン・リゾートをご紹介します。
昨年の7月にリニューアルオープンしました。
ペットと泊まれて、イルカと遊べる体験型のホテルです。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.dolphinresort.jp/
当社では、イルカと遊べる展望デッキとロビー・フロントの改装を手がけさせていただきました。
喫茶スペースもあり、昼食やコーヒーも楽しめます。
dolphin1.jpg
dolphin2.jpg
森浦湾をのぞむ絶景スポットです。
夏はこのデッキでビールもおいしそうですね。

LINKにドルフィンリゾートさんのブログ☆のほほんday☆追加しました!
ぜひ、ご覧ください。

超長期優良住宅について

当社では超長期優良住宅について取り組んで行きたいと考えています。
「超長期優良住宅」とは?
福田内閣のときに「200年住宅」で提案された住宅です。
昨年の12月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が公布されました。
この住宅を建てるには手続きやノウハウが必要なのですが
当社では、「ちきゆう住宅」・・・国産の優良材を使い、通し柱、土台は4.5寸角(135㎜)以上、その他の柱も4寸角(120mm)以上を使うなどの条件があります。
Ms建築設計事務所さんによる「MOKstandard」で建てることができます。
いろいろな条件があるので、詳しい内容についてはまた、このブログでも紹介させてもらいたいと思っています。
この住宅を建てると、住宅取得税の減税、住宅ローンの減税、国からの補助金などの優遇措置があります。
国の施策としては、スクラップ&ビルドではなく優良な住宅を住み続けられるようにしたいということのようです。
この住宅にあわせて、50年ローンも登場するようです。
しかし、住宅を住み継いで行くためには、メンテナンスの体制を整えたり、保証を付けるだけでは不十分ではないでしょうか?
お父さんとお母さんが一生懸命に働いて、頑張って建てた愛情いっぱいの家だからこそ、子供たちも住み継いで行こうとするはずです。
そして、ただ、丈夫なだけでなくデザインにも優れた家でなければならないと思います。
私たちは、そんな「住まい」に出来るように、お手伝いさせていただきたいと思います。
MOK1.jpg
MOK2.jpg
※写真はMOKstandard勉強会のときの様子です。
 設計はMs建築設計事務所


大工育成塾

先日、親方と大阪に行って面接を受けてきました「大工育成塾」の受入工務店の審査ですが、
合格の通知をいただきました。
伝統の技術と能力があると認められたということでうれしく思っています。
※大工育成塾についてはコチラをご覧くださいhttp://www.hic.or.jp/daiku/top.html
大工志望の若者を国で選抜して、伝統技術のある受け入れ工務店で教育し、養成することになります。
当社は地域柄、志望する塾生がいるかどうか微妙なのですが、
技術をしっかり持った若手の大工を養成することは今後のためにも必要です。
若い大工の将来を預かることにもなるので責任も重大です。
心を引き締めて頑張っていきたいと思います。
ikenoyama1.jpg
ikenoyama2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。