スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道の始まりは・・・。

皆さんは、熊野古道の始まりといわれているところをご存知でしょうか?
平清盛の時代より、京都の御所をスタートに淀川を下り、
現在の大阪、天満橋に八軒屋という船着場がありました。
その地点に熊野九十九王子の一番目といわれる窪津王子(渡辺王子)があったといわれています。
17年前、学生だった私が、卒業設計の課題に選んだのは、
現在の熊野九十九王子を、実際に熊野まで行くことなく、
大阪で体験する施設を作るというものでした。
今思うと冷や汗ものの企画ですが・・・。
その場所が、窪津王子の目の前にある大川の中州部分↓。
kubotu1.jpg
kubotu2.jpg
kubotu5.jpg
↑の資料は天満橋にある永田屋昆布店さんでいただいてきた
「八軒屋の今昔」という小冊子。
きぐみの家に置いていますので興味のある方は見に来てくださいね。
こちらの名物の「黒潮」は真昆布にシビ鰹のでんぶをまぶしたもの。
お土産に購入しましたが、ご飯のお供にピッタリなので、お近くの方はぜひ(^^)
kubotu3.jpg
kubotu4.jpg
上の二枚の写真は、元窪津王子があったといわれる場所にある
坐摩(いかすり)神社です。
実は、昨年の12月にMOKスクールの講義が、天満橋であり、17年ぶりにこの地を訪ねました。
建築を志した原点ということもあり、感慨も一入でした。
その頃の気持ちを忘れずに、日々、精進したいものです。
そして、関西の方にはぜひ、この第一王子である「窪津王子」を見て、
熊野古道に想いを馳せて頂いて、熊野地方に遊びに来ていただきたいと思います。
水害もありましたが、熊野地方は元気です!
これからは、まぐろの美味しい季節なので、満足できますよ(^^)


スポンサーサイト

馬越峠の上には・・・。

先日の熊野古道、馬越峠編の続きです。
尾鷲方面から、登ってこられたおじさんに勧められるままに、
元来た道を引き返して、馬越峠から、
約20分(おじさんいわく)で行けるという天狗倉山を目指しました。
古道とは違い、石畳は整備されていません。
特に山頂近くで分かれている「南道」と「北道」の北道は、
岩肌あり、先日の雪もありで、かなりの難路。
帰りに通った南道は、少し、距離は伸びますが、楽でした。
magose3.jpg
magose6.jpg
上の写真は、天狗倉山の頂上にある、そのまた上の大岩に上るハシゴ。
行きはよいよい・・・。
帰りは、後ろがまったく見えず、かなり恐い(^^;
magose5.jpg
「どうだ!」って感じですが、
大岩の上で撮りました。
名古屋のほうから、来た方達と先ほどのおじさんに岩の上で会いました(^^)
magose4.jpg
幸いにも好天だったので、大台ケ原もはっきり見えました。
magose7.jpg
尾鷲湾もばっちり見えます。
半ば、いやいや引き返したのですが、登ってよかった(^^)
おじさんに感謝です♪。
天狗倉山、標高は550m程ということですが、さえぎる山が周囲に無く、
岩の上からは、360度パノラマが広がります。
馬越峠からは、約30分(私達は・・)
でこの絶景が見られます。
周りに柵も無くて、かなり、不安なところもありますが、お勧めですよ(^^)
magose9.jpg
降りてきてからは、尾鷲の町並みを少し散策。
嫁さんと一緒に初めて、熊の古道を歩きましたが、すっかり虜になったようでした。
次回は、西国一の難所といわれる「八鬼山越え」かな?

馬越峠(熊野古道)

先日の日曜日、久しぶりに時間が取れたので、
夫婦で尾鷲近くの熊野古道・馬越(まごせ)峠を歩いてきました。
勝浦から車で約1時間半。
尾鷲駅近くに車を停めて、バスに乗り、鷲毛というところでおります。
バス停の目の前が馬越峠の目の前。
ルートマップによると約2時間半(2.4k)の行程です。
magose1.jpg
magose2.jpg
お弁当も用意していざ出発!
古道としては、石畳がしっかり残っていて、歩きやすく、
雰囲気も良い感じです。
最近、運動不足気味だったので、ちょうど良かったのですが、
峠でお弁当を食べて、下り坂を下り始めると、
尾鷲のほうから上がってきたおじさんに話しかけられました。
「馬越峠のところから、天狗倉山に行けるけど行きましたか?」
「行ってないですけど」
「そこには、大きな岩があって、尾鷲湾を一望できるところがあるから、ぜひ、登ってください!」
と言い置いて、スタスタっと上っていかれました・・・。
「どうする?」
「折角やから、いってみよか!」
ということで、おじさんについて、逆戻りしていくことにしました。
その先には、想像以上のことがあったのですが、それは、次回に・・・。

那智の滝

今日は、私の住む那智勝浦町の名所を紹介します。
nachi4.jpg
1枚目は陰陽の瀧です。那智川の支流にあり、県道からすこしそれて、10分ほど歩くと着きます。
控えめですが、風情があって好きな瀧です。
nachi1.jpg
陰陽の瀧から県道に戻り、少し歩くと世界遺産に登録されている有名な大門坂があります。
昔、この坂の途中に大門という関所があったのでそう呼ばれています。
ここは、私の出身の小学校の校区内だったので昔から良く歩いていました。
まさか、世界遺産になるとは・・・。
nachi3.jpg
垂直落差133m日本一の「那智の瀧」別名一の瀧と呼ばれています。
那智の瀧のある那智谷には先述の陰陽の滝も含めて四十八瀧があるといわれています。
nachi2.jpg
今日の最後は、西国三十三ヵ所巡りの第一番札所の青岸渡寺です。
全部お参りすると極楽浄土に行けるというありがたいお寺です。
このほかにもたくさん見所があるので少しづつ紹介できたら・・・。
と思っています。
最後にLINKに商工会青年部の仲間のブログを一つ追加しました。
とばとば日記です。
都会からやってきて、きこりをしながら、田舎暮らしを面白おかしく書き綴ってくれています。
ぜひ、ご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。